気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ! | Anyar- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info

気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!

ガレージライフ 工具・ツール
気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
  • 気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
  • 気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
  • 気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
  • 気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
  • 気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
  • 気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
  • 気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
  • 気になるプロの機材選び…日々スーパーカーを磨く達人はポリッシャーをこう選ぶ!
例えばカメラにしても楽器にしても、こだわりが強いアマチュア程、その道のプロが使う道具が気になるもの。クルマを綺麗にするディテイリングでも、機材選びは大切なポイントのひとつ。欠かせない「磨き」で、プロは何を重視してどんなポリッシャーを選ぶのか。

今回は、業界でも注目を集める大阪堺市のプロショップ「カーメイクアートプロ」で磨き歴25年の伊藤多加幸氏が、老舗ブランド「リョービ(京セラインダストリアルツールズ)」の最新プロ向けポリッシャー2台をテストした。多数のスーパーカーを日々扱う職人の鋭い視点は、一般ユーザーにも十分に参考になるハズだ。



<今回テストしたポリッシャー>
写真左:電子シングルアクションポリッシャー「PE-202R」
    安定した研磨力が売り。PE-202をベースに正逆回転機能が追加された
写真右:電子ダブルアクションポリッシャー「PED-132」
    押し付けても回転が止まらない特許出願中の独自機構が特徴
販売元:京セラインダストリアルツールズ


◆経験が浅くても使いやすい基本設計

伊藤氏が最初に試したのが、シングルアクションポリッシャー「PE-202R」。使用するなり、まず評価したのが重量バランスだ。ポリッシャーを毎日のように使うプロでは、磨き性能はもとより、使い勝手も重要な機材選びの指標のひとつ。数あるポリッシャーの中ではしっくりこないモデルもあるそうで、「PE-202Rは重量バランスに優れていてすわりが良いので、無理なく力を加えられ、疲れづらい。よく考えられた低重心と重量配分」と感心の声を漏らした。

この特性は、今回テストしたもう1台のダブルアクションポリッシャー「PED-132」も同様で、操作性の良い補助ハンドルを備えたボディ設計はリョービのプロモデルの大きな特徴。「優れたバランス感に加えて振動も抑えられているので、若手や経験が浅い人でも使いやすいのでは」との言葉は、DIYユーザーにとっても頼もしい。



◆増えてきた水性塗料にもしっかり対応

そして、肝心の磨き性能についても太鼓判。「PE-202R」では高負荷でも回転数低下を抑える電子制御式を採用。それにより、「回転を調節する変速ダイヤルを2~3(最大6)で磨いてもしっかりと傷を処理できる。回転を上げなくて済むので切削時の発熱が少なく、最近多い水性塗料への負担も少ない」(伊藤氏)そうだ。

さらに、「PE-202R」は昨年リニューアルした「PE-202」をベースに正逆回転機能が追加されたモデル。「パネルの境目などは逆回転にすることで磨きやすくなる」と、数をこなす職人ならではの作業効率の向上術を示してくれた。



他方、水性塗料の増加を背景に、プロの間では発熱しづらいダブルやギヤに流れがきているとして、ダブルアクション「PED-132」にも注目。発熱の抑制は、塗装面の負担のみならずコンパウンドの急激な乾燥も防げる。「オービットが小さいこともあり、特に仕上げ時の肌の質感は極めて良好。PE-202RとPED-132の2台があれば、バフやコンパウンドを使い分けることで全車全色仕上げられる」と、その性能に折り紙を付けた。

実はプロでも磨きが難しいというのが、近年増えいている水性塗料。塗料の性質により、ポリッシャーや組み合わせるコンパウンド、バフも変わってくるので、磨きにチャレンジするDIYユーザーは機材選びの前に一度、愛車の塗料の特性を確認してみても良いかも。




◆こだわり派のユーザーは挑戦の価値あり

今回お届けしたのは、あくまで経験を積んだ熟練のプロの機材評価。いくら機材が良質でも、腕がなければ結果も伴わないのはどの世界も共通だ。
また、伊藤氏はプロテクターを備えたボディの堅牢性や、脱着コードによってコード接合部の負担を減らせる点を、毎日使うプロの視点で高く評価していたが、使用頻度が低い一般ユーザーには当てはまりにくい部分である。




そういった面では、ランダムオービットサンダ「RSE-1250」など、価格面を含めてDIYユーザーが使いやすいモデルもリョービからはリリースされている。
それでも、卓越した性能に高い堅牢性、安定した使い勝手を持つプロユース想定の「PE-202R」「PED-132」は憧れの的。「やっぱりプロと同じものを使いこなしたい」というこだわり派にとっては、間違いない選択肢の1つとなるだろう。

◆ショップ情報◆
カーメイクアートプロ
〒587-0002 大阪府堺市美原区黒山76-4
Tel.072-369-3456
営業時間:月~土曜9:00~19:00 第2・4日曜9:00~17:00
定休日:第1・3・5日曜、祝日
ホームページ:https://www.art-pro.co.jp/
《オートについて編集部@相原駿》

関連ニュース

特集

page top