メルカリと連携で中古パーツをより幅広いユーザへ…車コミュニティアプリCARTUNE | Anyar- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info

メルカリと連携で中古パーツをより幅広いユーザへ…車コミュニティアプリCARTUNE

ニュース 新製品
CARTUNEパーツ市場
  • CARTUNEパーツ市場
  • CARTUNEパーツ市場
メルカリのグループ会社であるマイケルは2月4日、車コミュニティアプリ「CARTUNE(カーチューン)」にて、車パーツに特化した売買機能「CARTUNEパーツ市場」の提供を開始した。

CARTUNEパーツ市場は、車が趣味のユーザーが集まる特化型コミュニティアプリ「CARTUNE」内で開始した、車パーツに特化したフリマサービス。車のカスタムや整備、改造、DIY、ドレスアップ、パーツ取付などの情報を共有しながら、簡単に車パーツを売買できる。

CARTUNEパーツ市場では、10万点以上におよぶオリジナルデータベースを活用。カーパーツのカタログから選択することでカテゴリーなどの選択を省略し、簡単に出品できるほか、CARTUNE内の「自分が保有しているパーツリスト」からも出品できる。また、ホイールのサイズやリム幅、穴数、P.C.D. など、詳細情報の入力支援も用意。出品時の課題となる配送方法は、約120のパーツカテゴリーごとに、パーツのサイズ・重量に応じたおすすめプランを自動で提示する。

また、CARTUNEパーツ市場に出品すると、月間1100万人以上が利用するメルカリにも同時出品。より売れやすい環境を提供する。さらにメルカリと連携することで、取引の際にメルカリでの取引評価を確認したり、メルカリ便による匿名配送も利用できる。そのほか、出品後は、CARTUNE内でシェア投稿も可能。フォロワーや同車種つながりの人にも出品内容がシェアされるほか、取引成立後も、車好きのユーザー同士でコミュニケーションを継続できる。

同社では今後、パーツカタログの拡充やAIによる出品時の入力自動化など、車好きのユーザーがより出品しやすくなる機能開発を進めていく予定だ。

車コミュニティアプリ CARTUNE、中古パーツフリマサービスを開始 メルカリと連携

《纐纈敏也@DAYS》

関連記事

  • メルカリ、カスタム系SNS「カーチューン」運営会社を買収 自動車関連強化を加速
  • メルカリでの自動車・オートバイの出品、1時間に270件
  • GMOカーズ、中古車フリマサイトを全面リニューアル 新機能追加など

関連ニュース

特集

page top