知る人ぞ知るスバルの名車! レオーネ に酔いしれる… 歴代車両15台が集結 | Anyar- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info

知る人ぞ知るスバルの名車! レオーネ に酔いしれる… 歴代車両15台が集結

イベント イベントレポート
スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
  • スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
  • スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
  • スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
  • スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
  • スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
  • スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
  • スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
  • スバルレオーネオーナーズクラブ 秋の定例ミーティング
群馬県板倉町の渡良瀬遊水地で10月14日、「スバルレオーネオーナーズクラブ(SLOC)」による関東地区秋の定例ミーティングが行われ、歴代の車両15台が集まった。

同会の会員数は60名で、約50台の『レオーネ』が登録されている。ミーティングは例年春と秋に行われており、今回の秋開催は16回目となった。

この日集まった15台のうち、ほとんどが“オールニューレオーネ”と名乗る最終型の3代目。直線基調のカクカクしたスタイリングのツーリングワゴンやバン、セダンがずらりと並んだ。パートタイム4WDの「マイア」や、ターボ搭載の「RX/II」など、知る人ぞ知る渋い車両たちばかりだ。

2代目の“ザ・ニューレオーネ”と呼ばれたシリーズも2台やってきた。サファリラリーなどで活躍した1800ccのスポーツモデル「2ドアハードトップ4WD RX」は元々生産台数が少ない上、手荒く乗られたものが多いため希少な存在。同会の代表に不動車の譲渡依頼があり、メンバーの1人がレストアして引き継ぐことになった個体だ。まだミッションなどあちこちに不具合があるものの、ツインキャブのエンジンは気持ちの良いボクサーサウンドを奏でていた。

もう1台の“ザ・ニュー”は、「スイングバック1600 4WD」。スバルでは2ドアハッチバックのことを当時そう呼んでいた。4WDは映画『キャノンボール』でジャッキー・チェンが縦横無尽にぶっ飛ばしていたあの車である。これも今となってはレアな車両で、この個体はほとんどオリジナルに保たれた希少な存在。

またこの日は、3代目「RX セダン」を新車以来乗ってきたオーナーが今年他界し、その遺志を受け継いで若い息子さんが当の車に乗って来た。奥様共々御理解があるとのことで、メンバーたちは車による人のつながりを改めて胸に刻んだようだった。当時からの「群」ナンバーもそのままで、例年のように仲間のレオーネたちに加わって写真に納まっていた。

同クラブのミーティングは中部関西地区(琵琶湖)でも11月以降に開催予定だという。

スバル レオーネ が渡良瀬遊水地に集まる…オーナーズクラブ・ミーティング開催

《嶽宮 三郎》

関連記事

  • 雷電くるみの里で昭和の名車まつり…道の駅に約130台の旧車
  • 台風にも負けず、富士川に旧車が集結…NOS缶コーヒーブレイク
  • 温泉施設に旧車70台が集合…しぶかわ昭和の車展示会inスカイテルメ渋川

関連ニュース

特集

page top