注意が必要! タカタ製エアバッグ“未改修”のうち約84万台が車検が通らなくなる…5月1日から | Anyar- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info

注意が必要! タカタ製エアバッグ“未改修”のうち約84万台が車検が通らなくなる…5月1日から

ニュース 新製品
タカタ製エアバッグのリコール未改修車は車検が通りません(5月1日から)
  • タカタ製エアバッグのリコール未改修車は車検が通りません(5月1日から)
  • タカタ製エアバッグのリコール未改修車は車検が通りません(5月1日から)
国土交通省は、5月1日からタカタ製エアバッグのリコール未改修車両の車検が通らなくなることを改めて周知した。今年3月末現在、車検を通さない車両が約84万台ある。

タカタ製エアバッグは、ガス発生装置(インフレーター)が異常破裂し、金属片が飛散する不具合が発生、2009年以降、リコールを実施している。これまでも未改修車に対し車検時に警告文の交付するなど、改修を促進してきた。今年3月末時点の国内の改修率は88.4%で、約220万台の未改修車がある。また、異常破裂による死者が世界で少なくとも20人を数え、早い改修が必要なため、これまでの取り組みに加え、5月1日から異常破裂する危険性が高い未改修車については、車検で通さない措置を実施する。

エアバッグのリコールが未改修で車検を通さない措置となるのは自動車メーカー9社、97車種、約84万台。

車検を通さない措置となる車両の自動車メーカー別で最も多いのがトヨタ自動車で41万9373台、次いでホンダで22万7272台、日産が9万7117台、ダイハツが6万2852台。

マツダは1万5123台、三菱自動車が9317台、スバルが7529台、BMWが279台、いすゞが9台。

このままでは車検を通らなくなる車約84万台、タカタ製エアバッグ未改修で

《レスポンス編集部》

関連記事

  • タカタ、KSSへの事業譲渡が完了---高田社長は退任
  • 企業倒産負債総額、タカタ破綻の影響で5年ぶりの3兆円超え 2017年度
  • コンプライアンス違反による倒産が増加、3年ぶり---タカタなどの影響で負債総額が16倍増

関連ニュース

特集

page top