【業界ニュース】「障がい者がアートで夢をかなえる世界を作る」自動車展示場の新しいプロモーションのカタチ | Anyar- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info

【業界ニュース】「障がい者がアートで夢をかなえる世界を作る」自動車展示場の新しいプロモーションのカタチ

ニュース ビジネス
クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
  • クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
  • クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
  • クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
  • クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
  • クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
  • クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
  • クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
  • クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
障がい者アートの認知向上へ向けた新しい取り組みが行われている。一見、障がいというハンディキャップを持っているように見える彼らだが、彼らだからこそ生み出すことのできるアートがある。

彼らの作品をたくさんの人に知ってもらい活用してもらうことで、障がい者の社会参加と経済的自立の推進を目指す新しい取り組みを紹介しよう。

一般社団法人 障がい者自立推進機構パラリンアート(東京都港区、代表理事:野田聖子(衆議院議員、2020年パラリンピック東京大会成功WT座長))と、集客支援SPを運営する株式会社イプラ(愛媛県松山市、代表取締役:小田泰平)は、クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを開始した。


◆取り組み内容
自動車展示場における新しい集客プロモーションの取り組みとしてプライスボード作成サービス「エアプラ」にて障がい者が描いたアート絵画を採用、それをモチーフにした季節を彩るプライスボードを実装する。
利用に応じてパラリンアートへ寄付を行い、その金額の一部もライセンス利用料として障がい者アーティストへ支払われることで障がい者の自立と社会進出を応援できるソーシャルビジネスを展開する。自動車業界に向けて社会貢献型の新しい集客プロモーションを提供していく。

クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施

◆エアプラとは?
エアプラはパソコンから入力するだけで簡単にプライスボードが作成できるサービス。今回、障がい者の自立推進を行う“パラリンアート”との連携でPR効果の高い社会貢献型事業(ソーシャルビジネス)を提供する。

クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施


◆展示場×アート=集客プロモーション
クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施
クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施







◆障がい者アーティストを支える仕組み
プライスボード作成サービス「エアプラ」内のデザインに含まれる絵画ライセンス使用料が、パラリンアート事務局を通して障がい者アーティストへ支払われる。
クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施


◆パラリンアート×エアプラの導入効果
一般消費者や求職者が会社を選ぶ理由のひとつに「社会貢献度が高い」ことが挙げられる。社会貢献活動(CSR)の取り組みを発信することでより公益性の高い自動車販売店としての認知度向上と共感型の新しい集客プロモーションが期待できる。
クラウドサービス「エアプラ」を活用した自動車業界向け集客支援とCSR活用における取り組みを実施

◆今後の展開について
現在、利用企業数は全国2,013社(2017年6月6日時点)の自動車販売店が利用している。2020年までには利用企業数30,000社到達を事業目標とし、障がい者アートを支える自動車業界のハブを目指していく。


【パラリンアート 会社概要】
会社名 一般社団法人 障がい者自立推進機構
設立年 2012年12月5日
所在地 〒105-0014 東京都港区芝3-40-4 三田シティプラザ5F
代表理事 野田 聖子(衆議院議員、現 2020年パラリンピック東京大会成功WT座長)
創業者理事 松永 昭弘(現 株式会社ペアレンツ 代表取締役会長)
専務理事 中井 亮(元 吉本芸人)
理事 セイン・カミュ(タレント)
理事 中井 亨(現 株式会社ウイングス 執行役員)
理事 阪口 富左雄(現 株式会社ONETOPJAPAN代表取締役)
理事 川口 英幸(現 株式会社グローバルキャスト 代表取締役社長)
理事 廣瀬 彌壽男(現 株式会社ダンクス 代表取締役)
監事 伊藤 貫通(現 株式会社ペアレンツ 事業戦略室室長)
特別顧問 碓井 誠(現 株式会社オピニオン代表取締役、現 京都大学 経営管理大学院 特別教授
特別顧問 中村 幸雄(元 損保ジャパン株式会社 代表取締役専務執行役員)
特別顧問 桂 照男(現 企業年金連合会 コンプライアンスオフィサー)


【株式会社イプラ 会社概要】
会社名 株式会社イプラ(IPLA co,Ltd.)
所在地 愛媛県松山市来住町1420-2
設立年 1973年10月1日
代表  小田泰平(現 株式会社カーキュート代表取締役)
資本金 10,000,000 円
事業内容 集客改善を図るデジタルPRおよび販促物の戦略立案・実施
・プライスボード作成サービス「エアプラ」(https://airpra.jp)の運営
・車種別AIポップ作成サービス「女子ポップ」(https://josipop.com)の運営
・全メーカー別マット最新DB「マットバンク」(https://mat-bank.com)の運営
・カー用品ブランド事業「カーキュート」(http://carcute.shop-pro.jp)の運営
《オートについて編集部》

関連ニュース

特集

page top