用途に応じたカスタマイズを提案できる 植毛塗装「フロッキーコーティング」…ネットワーク | Anyar- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info- anyar.info

用途に応じたカスタマイズを提案できる 植毛塗装「フロッキーコーティング」…ネットワーク

ニュース 新製品
塗装部分の素材も選ばず汎用性も高い
  • 塗装部分の素材も選ばず汎用性も高い
  • フロッキーコーティングの施工方法
  • 絵の具のように自分好みの色にアレンジできる
新潟県長岡市大荒戸町に本社を構える株式会社ネットワーク(廣川寿明社長)は、1991年9月に設立された自動車専門のサプライヤー。


主に補修塗装やディテイリング商品などを手掛けている同社が展開するのが、「フロッキーコーティング」と呼ばれる植毛塗装だ。高級ソファーの感触と銘打たれた塗装により、車内のハイグレード感を演出できると注目を集めている。


「フロッキーコーティング」は、フロッキーコートという植毛塗装を施すことによって、表面に毛羽立った風合いを再現するトップコーティング用の触感塗料だ。高級車のピラーなどに採用され、塗装部分にスエード生地のような手触りと質感を与える。塗装部分の素材も選ばず、プラスチック・金属・木材・ビニール・ゴム・皮・布・クッションなど汎用性も高い。

これに加え、凹凸箇所など複雑な形状でも均一なコーティングが可能なため、ステアリングやエアーダクト・ドアノブ・ドアハンドルなどのあらゆる部分に施工することができる。


カラーバリエーションはブラック・レッド・ブルー・グリーン・ホワイト・ディープブルー・ベージュ・イエローの8色を展開する。この8種類の基本色は混ぜ合わせることで、絵の具のように自分好みの色にアレンジすることができる。ホワイト+ブルーでライトブルー、レッド+イエローでオレンジ…など、組み合わせ次第で、用途に応じた様々なカスタマイズを提案できる。「車内の雰囲気を変えたい」、「涼しげな色調にしたい」などの注文にも対応できるのは大きな魅力になるだろう。


 さらに植毛塗装を施すことで、遮熱、断熱効果、湿気対策、結露防止、反射防止、通性効果、静電気防止などにも効果を発揮するため、低温火傷などのトラブルや火災対策、各部分の劣化防止にも繋がるという。デザイン性と実用性を兼ね備えた、まさに一石二鳥の塗料といえるだろう。


 施工方法も、コンプレッサーと100Vの電源があれば施工でき、特殊な技術は要さない。作業工程は、下地の清掃(脱脂)→プライマー塗布→接着剤塗布→植毛塗布→仕上げの5段階で、導入後すぐに施工ができるのもポイントだ。リペアの提案にも活用したいアイテムだ。現在、同社では販売代理店・施工店を募集しており、詳細は同社ホームページを参照いただきたい。
《オートについて編集部》

特集

page top